バフェット流成功法則とは? 

ウォーレン・バフェットさんってご存知でしょうか?…ご存知に決まってますよね?世界一の投資家として有名なあのバフェットさんです。



バフェットの教訓


彼が成功した理由を書いているある記事を読んで、感銘を受けたのでぜひシェアしたいと思います。



キーワードとして…
バフェットが、成功した理由は…



人よりたくさん「何かをした」のではなく
人より「やらないこと」を増やしたこと

にあるそうです。

やらないことリストを作る!

以下、平秀信先生FBより抜粋します↓
成功法則(バフェットのやらないリスト) 


例えば、彼は…

★ほとんどの時間を読書で過ごす
★カレンダーを埋めない
★オフィスにPCを置かない
★小さなチャンスを追いかけない
(大きなチャンスのみを掴む)

★ビジネスのみにフォーカスする。

 
彼は正真正銘働き者だが、 彼にとって大切なこと…もっとも重要なことにおいて、一生懸命働いている。

 

それこそが、
「フォーカス」と言われるものだ。

 

彼が教えてくれるステップがある。
 
——————–
ステップ1

ゴールをキャリアや人生での成功を考えた時に浮かぶ25個のゴールを書き出してみる。 
 
ステップ2

リストをレビューして、最も欲しいもの 

トップ5を○で囲む!
 
ステップ3

リストAは、トップ5

リストBはその他の20個が含まれたもの

——————–
 
そうすると,まずは、多くの人が、 トップの5つのゴールをどうにかしようと思うだろう。
 

では、残りの20はどうするのか?

 

まずは、トップの5つが最優先のフォーカスだから、
それに取り組んでいる隙間時間に残り20個をどうにかしようとする。

 

もちろん、その20個にも努力を注ぐ。

 

↑そしてそれが大きな間違いである。

 

バフェット曰く、
 
あなたが○をしなかったものは、すでに無効のものだ。トップ5を成し遂げるまでアテンションを向ける必要がないものだ。

 

誰もが人生で色々な事がやりたいと思う。

 

しかしそれを全部おいかけていると
どれもが中途半端になってしまう。

 

残り20個も大切だが、トップ5にフォーカスしているときはこの20個は「distraction(気が散るもの)」 以外になにものでもない。

 

2番目の優先順位のものに時間をかけることこそが、5つを成し遂げることもなく、さらには、20個が未達成で終わってしまう理由である。


抜粋ここまで↑

最後に…

いかがだったでしょうか?


多くの人が、必要のないこと、邪魔なものに囲まれて、一番大事なことにフォーカスができない為に成功できなかったことがわかります。


世の中は、我々の貴重すぎるお金と時間が奪う為の、膨大な誘惑・罠が仕掛けられています。


また、どこの馬の骨かもわからない他人にSNSで中傷されたり、集中力を乱されたりして、最重要な事にフォーカスできなくなってるような気もします。


特に…以下の言葉にはしびれました。

トップ5つに取り組んでいる隙間時間に残り20個を何とかしようとすることが大きな間違い!この20個は「気が散るもの」 以外になにものでもない。


どうしても、余裕がないからか…欲張ってしまってたんですね!「何でもマルチタスクでこなす俺ってカッコいい!」…みたいな優越感をもっていたのかもしれません。


今までフォーカスできずに望む結果がでていない方は、ぜひこのバフェット流成功法則をそっくりそのまま取り組んでみてはいかがでしょうか?