山頂自信満々 

すぐに疲れて座ってませんか?

例えば、若いうちから電車やバスに乗った途端に、空席獲得競争に参加しているようでは余りに情けないです。


体調が悪い場合以外は、別として…体力のなさと精神力は、ある程度関連し合っていることがわかっているそうなので。


精神力の弱い人は、すぐ疲れて座り込むし「あぁ~もう限界!!」と自分で勝手に限界を作ります。


強くありたいなら、普段から「立つ」習慣を身につけておく事をおススメします。

普段から「立つ」ことのメリットとは?

それは、多くのメリットが挙げられます。


電話で話をする時も、立ったまま相手と
話した方が
より強い姿勢で望めます。


座ったままで望むと、粘り強さがなくなって相手の言い分を一方的に飲まされてしまいやすいそうです。


私自身も実感しているところです。


決断力も早くなる。

ミズーリ大学のアレン・ブルドーンは、判断を要する課題を555名の大学生にやらせる時に…立ったまま判断させる組と座ったまま考えさせる組に分けたところ…


決断するまでの時間が25%も差が出たといいます。


ダラダラとしやすい会議も、立って行えばスピーディーに事が進むと思います。座って行うと、どうしても脳も体もダラダラし決断も遅くなってしまいますので。


脚が鍛えられ、血流も良くなる。


デスクワークが多い人は、マメに立って歩いたりストレッチした方がいいです。


座ったままという事は…
古い血液が抹消に溜まっていくこと。


前に話題になった、エコノミー症候群で長時間座っていると、古い血液が血管内で固まってしまいます。


この状態を放っておけば、固まった血液が肺や脳に飛んで死んでしまう事もあるそうです。


普段から立つ習慣をつけ、第2の心臓ともいわれるふくらはぎの筋肉が鍛えられることで…筋肉の収縮と弛緩の繰り返しで抹消の血液を絞り上げ心臓に送り返せるようになります。


私もスタンディングディスクを使ってますが、
快適で逆にやる気も出てきます。


%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%87%e3%82%b9%e3%82%af

【出典http://amba.to/2eeHf6V】

ついでに動じない姿勢を身につける。

立つといっても、腰は曲り、猫背ではせっかくのメリットも水の泡なので、以前書きました動じない姿勢も身につけましょう。
↓ ↓ ↓ 
動じない姿勢


動じない正しい立ち方

①つま先(親指重心)に重心を乗せる

アキレス腱をきちんと伸ばす。

肛門を、ギュっと締める。

丹田を意識し、力を入れる。

背筋をきちんと伸ばす。


つま先重心は、かかとに紙一枚分
浮かせている状態
がよい。



下半身は、我々の体を支える土台なので、立つ習慣をつけるだけで人生が見違えてくると思うので、ぜひ試してみることをおススメします。