もうバットもミットも持つ事ができない
なら、言葉の世界で野球を追及してやる!

“話す”と言う事は…
自分の体験を理論化するという事!

それができないと指導も説得もできない!

ただ体験するのでは意味なし…
それを言語化する事!

感じた事を言葉に落とし込むには…

多くの知識を蓄え、言葉を豊かにすること

野村克也さんの言葉

思った通りに表現できてますか?

脳に刺激を与えないとすぐに老化します。


話してる時、何度も詰まってしまう


言いたい事を、思った通りに
正確に表現できなくなった。


『あれ』『それ』が多くなった。



など兆候が現れたら、要注意ですね。


人間社会で生きなければならない以上…


自分が思った事を思った通りに正確に
伝えられないのは、圧倒的に不利だ。


仕事で、誤解を生んだり、人間関係で
ヒビが入ったりするかもしれない。


思ってることを思うように伝えられず
仕事や女性をモノにできなかったり…


せっかく、脳がシグナルを送ってくれ
てる
ので、即対策を打つべきです。

いつでもメモできる習慣をつける

今は、ネット社会で、忘れたとしても
即調べられる便利な社会。


即、調べられるんだから、覚えなくても
いいじゃないかと
言っても…


会話の途中で、いちいち中断して
調べるわけにもいきません。


まずは、調べて、手帳にメモしたりして
完全に覚えるまでは何度も見直す習慣を
つけた方がよさそうです。


僕は、スマホのメモ帳と付箋アプリを利用
して、スマホのトップに貼り付けています。


習慣になれば、効果抜群ですよ。


習慣になるまでは、日常の忙しさに
埋もれていつの間にか忘れてしまいますが


習慣になりさえすれば、後は自動的に
体が勝手に動きます。


やらないと、気が済まなくなってくる。
毎日の歯磨きのように…


習慣になりさえすれば勝ちです。


★毎日、起きて1時間勉強する習慣…

★ダラダラネットで時間をつぶす習慣…

★毎日、朝ラジオ体操する習慣…

★夜中にジャンクフードを食べる習慣…


人間は、どんな習慣を身につけているか
で人生が決まりますので。



習慣が人生を変える…


ネットという便利な社会だからこそ
人間の脳は退化していきます。


人間社会で生きる以上は、
人間同士の会話は避けられません。


“聞く”ことも大事ですが
“伝える”ことも大事です。


思い通りに伝えてアピールできなければ
自分の価値も伝えられません。


もし、脳の老化を感じるのであれば
取り組んで見ることをお勧めします。

PS

今までずっと、思いついたことや
書き留めておきたいことを効率的に
即メモできる方法を試してきましたけど


今のところ、これが一番楽だなと思った
ことを次回あたり書いてみたいと思います。