%e7%be%8e%e5%ae%b9%e9%99%a2

最近、よくいく散髪屋…
10分で済む、1000円カット店。


もう美容院には行かなくなりました。


ノルマとかでピリピリしているし、変なシャンプーとかセールスされるし、長時間居続けるのが苦痛になったからです。



カット自体は、美容院だろうが、1000円カットだろうが、どこでしても同じようなものです。美容院出身がたくさんいますからね。


ただ、1000円カットは効率が全てなので、指名ができませんから、ヘタな美容師に当たる可能性があるのが欠点でしょうか?


最近は、お気に入りの美容師ができたのでひいきして行っています。


その女性は…若い中国人美容師。


初対面から、明るく話してくれてすごい居心地がいいですし、日本語もぺらぺらで、普通に話しても話が通じるから気を使いません。


そして初対面の時から…

「お兄さん、若いね」

「仕事休みなの?」

「遠慮なく言ってよ」

「北京からきたよ」


%e7%be%8e%e5%ae%b9%e9%99%a2%ef%bc%92


このズケズケ感が心地いい…しかも…お互いの心地よいタメ語…わかっていただけるだろうか?…とにかく相性がいいんです。


日本人じゃ中々いませんよね。


過剰な敬語で気を使いすぎるというか、少々ピリピリしているというか…なんか相性がよくないと疲れてしまいます。



しかも…ラストの肩もみもすばらしい!





肩甲骨の際の指圧がうまい!
的確にコリを捉える!


たいしたもんです。


今までは、美容院で満足した事なんてほとんどありませんでした。


美容師が、カット終了後に鏡で後ろ頭を写して…「こんなもんでどうっすか!」とドヤ顔でたずねてきます。


「え?…ウソだろ…?」と思いながらも気まずい想いをしたくないから…できる限りの満面の笑みと偽りの満足感を引きつらせながら言ってました。


「おっ、イイっすねぇ!!」


で、店を出て、少し離れて本音が炸裂!


二度と来るか!ボケぇ~~!


美容院は、水面下で客と美容師との本音が日々繰り広げられています。

最後に…

美容院ってサービス業であると共に、リラクゼーション産業としてもどんどん進化して欲しいですね。


美容院は相性悪いと苦痛です。


鏡越しに目が合うと気まずいし…

タバコ臭い人もいるし…(><)


プロとしてどうか?と思いますが。


今は、女性も働く時代…
超ストレス社会に突入しています。





癒しの需要は、果てしなく大きいです。


美容院での経験から…

最低限の身だしなみと清潔感…

女性を癒せる技術…

さわやかなズケズケ感…


が身につけばいいなぁ~と最近思います。


女性を癒すなら…マッサージスキルや、話を聞く技術を身につけるのが一番いいと思います。


私は、この2つを死ぬ気で身につけて
一生の最強スキルだと実感してますので。