鉄棒粘り

【今日のコトバ】

”粘り強く生きよう!!”

この世で、粘り強さに勝るものはない!


才能があってもダメだ!
才能がある失敗者は大勢いる。


天才であってもダメだ!
報われない
天才は大勢いる!


しかし、粘り強さがあれば…
決意した事は何でもできる
!!


「粘り強さを発揮しろ!」というメッセージこそが…これまで人類の諸問題を解決してきたし、これからも解決し続けるであろう!


カルビンクーリッジの詩

超訳 ニーチェの言葉 [単行本] / 白取 春彦 (翻訳); ディスカヴァー・トゥエンティワン (刊)
ニーチェの言葉

粘り強さを磨く

現代の人は、忍耐力がなく…
打たれ弱い人が多いと思います。


ちょっとしたことで口癖のように
『あ~もう限界!』と言います。


結局、“限界”なんてのは…自分自身の中で、勝手に作り出している幻想にすぎない…そうです。


その取り組むべき事に対する
“動機付け”が弱いのもあると思います。


★何日までにやり遂げなければ…両親を殺すぞ!

何日までに達成すれば…1億円キャッシュで払うぞ!


などと言われれば、必死にやり遂げ、秘めた潜在能力が発揮されるに違いありません。


日本は平和すぎて、自分を追い込めるような環境とは言えないので、そんな中で潜在能力を発揮することは難しいです。


やはり、強い動機付けが必要になります。


成功するまで粘り強く続けることができれば、成功に近づいてくるのは当然として…周りが勝手に落ちていきます。


元・F1ドライバー中嶋悟さんの
“納豆”走法”のようなもの…


%e7%b4%8d%e8%b1%86%e7%b2%98%e3%82%8a


F1の世界は…常に、死と隣り合わせの世界ですから、凡人には計り知れない環境であの粘り強さを発揮できるのは凄まじいです。


粘り強く継続できる力…
あらゆる分野において無敵な才能。


それが“好きな事”だったら…
天職の可能性が高いと思います。


高学歴の人は、頭がいいというより


●記憶の整理の仕方…

●勉強の効率化…


●過去問で解き方のコツ…


を掴むのがうまいのと共に、「難関大学に受かるんだ!」という強い動機付けの上…粘り強く継続できる才能が秀でているのかもしれません。


動機は不純で全然いいと思います。
むしろ、不純なほうがいい…


ただ、モテたいから頑張る!!
という動機もすばらしいと思います。


今までダラダラしてきた人が、いきなり粘り強くなるのも無理なので、今まで限界と思っていた所から
1分粘ってみる事から始めてみてはいかがでしょう?