%e7%a0%82%e6%99%82%e8%a8%88%e3%82%aa%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ac

今日の言葉

惰眠をむさぼらずに己を鍛え…

未体験の世界へ、グイグイと自己投入
していく人は、怠惰な輩の3,4倍の
人生経験をしていく!

その差は…1日8時間!!

1年で…何と…“2920時間”!

この差は…余りにも大きすぎる!!

藤本憲幸 


———————————————

(アニメ「カイジ」より抜粋)
%e3%83%80%e3%83%a9%e3%83%80%e3%83%a9%e4%bd%90%e5%8e%9f%e3%81%9f%e3%81%a1


自身の最適な睡眠時間って知ってますか?


私は、5時間~6時間が一番スッキリします。これは、人によって違いますし、最適睡眠時間を知ることは、最高の人生を生きる為に、知っておいた方がいい重要項目だと思います。


睡眠は必要ですけど、「ここが人生の勝負!!」って時に、無茶も必要だし、睡眠8時間もとってられないですから。


人生を決める勝負時に、無茶ができる体力は
つけとかないといけないですね。


ただ、仮眠は絶対必要でしょう。電車での5分の仮眠でスッキリした経験は誰にでもあると思いますし。


仮眠を上手に使いこなせないと、脳がぼんやりして集中できずに最高のパフォーマンスも発揮できないですからね。


そして、藤本憲幸先生は…
少食、断食の重要性も説いておられます。


食べるから眠くなる…
食べるから病気になる…
(正確には「食べ“過ぎる”から」ですが)


1日3食ガッツリ食べる「食べ過ぎ」に対して警告を鳴らし続けていました。


10代の頃ならいいかもしれませんが、30歳過ぎて、代謝も自律神経も衰えてきてからもそれでは、チョッとキツイと思います。


実際の方法やマインド、そして短眠の達人達の人間離れした生き様エピソードもふんだんに書かれていますので、興味のある方は読んでみてはいかがでしょうか?

———————————-
あなたを変える超短眠熟睡法
頭のいい眠り方で「体力、気力、能力」が10倍パワーアップ
—————————–

時間は有限だというマインドも忘れないように脳に刻み付けておきたいところです。老人になれば、嫌でもゆっくりできますからね。


人生80年とすれば…人生…25億秒


そのうちの、老後(60~90歳)の人生は
青年よりもずっと長いですから…