悲しみ苦しみ

あなたは、辛い時、悲しい時
どう心のバランスを保ってますか?


その時のリラックス法を持っていますか?


私もカラオケや温泉など、色々解消方法はありますが…その1つに…高田純次を思い出す!というのがあります。





もう昔から大好きで、とにかく笑い転げていました。


私が好きな、笑ったエピソードを

1つだけ紹介します。

高田純次の適当芸

下記は、高田純次さんが一般の方の質問に適当に答える形式の本です。


適当教典パンツ
高田純次の適当教典
——————————————-

★男の子…

ねぇ、おじちゃん…
おっぱいの中には何が入ってるの?




★高田純次

なるほどぉ~良い質問だ!
坊や!おっぱいの中にはねぇ~
希望が入ってるんだよぉ~

      
みんな“希望”を吸って
大きくなっているんだよぉ~…


      
でもねぇ坊や!
揉んだりしちゃぁダメだよぉ!


希望欲望に変わっちゃうからね~




あれ?僕もうまい事いうねぇ~
はっはっは~…!

——————————————-

高田節炸裂…!


純次さんが言うといやらしく感じません。おそらく自分に正直でスケベが顔に出ているからでしょう。


ずいぶん前の言葉ですけど、今でも受け狙いで使えると思います。いかにも自分が考えたみたいにパクってもいいんじゃないでしょうか?


純次さんから学ぶことは多いです。


少し落ち込んだり、元気がない時に…高田純次を考えると、なぜか悩むのがバカバカしくなります。すごいセルフ・プロデュース力だと思います。


適当キャラが適当でできる訳がないですし、最近は70歳過ぎて体もガタガタのようですが、この人は絶対消えないでしょう。


あの辛口のテリー伊藤さんをして…辛い時は、高田純次を思い出せ!と言わしめていました。


上沼恵美子さんも、純次さんのファンで、純次さんの写真をお守りに持ち歩いていて、本番前に手を合わせると言ってました。


上沼純次お守り合併


人間は躁と鬱を繰り返していて、いかに鬱の状態の時に元気になれる手段をもっているか?が大事だと思います。


そうでないと…本当の病気の“鬱”になっちゃいますからね。


ということで…70過ぎてからも
汚いケツでも出してください。