山頂自信満々

脳は、現実と想像の区別ができない

大事な勝負時にビビってしまい
力を発揮できなかった事はないでしょうか?


狙った異性へのアプローチ


ビジネスでの勝負のプレゼン


自分よりもステータスが高い
人間と会う時…
など


close up of man hiding red box behind from woman


どんなに事前準備を完璧にしても…


本番で上がってしまい、本来の力が
出せずに終わることほど辛いことは
ありません。


「待ってくれ~俺は…
いつもはこんなんじゃないんだぁ~」


隅でがっくし


なんて言っても、男として見苦しいだけ。
誰も待ってはくれません。


ここを解決しておかなければ…


何度チャンスが来ても、自分をうまく
アピールできずに終わってしまいます。


恐いのは…


「上がってしまい、うまくいかない」
イメージを、
脳にプログラムされて
しまうこと


そうなると、毎回同じ状況になった時に…


脳が、うまくいかなかったイメージを
蘇らせ、それを見事に達成させようと
体の各器官に指令を出します。


その結果…


そのうまくいかないイメージを
見事に達成させてしまう訳です。


脳は、現実とイメージの区別が
できないという性質がある為…


“イメージ”を、“現実”と勘違い
してしまいます。



好きな料理をイメージすると…
ヨダレが出てくる。


100mのバンジージャンプを
イメージすると股間が縮み上がる。


エッチなイメージをすると…
股間が立ってくる。


ご馳走バンジー結合


例を挙げると分かりやすいと思います。

“動じない姿勢”とは?

そこで、動じない為の姿勢、立ち方
について書いてみます。


姿勢、呼吸、たたずまいを変えて
みる
だけで全然違います。


人間は「精神ありき」ではなく…
「肉体ありき」の存在です。


だから気をつけるべきは…
心構えの前に、まず「体構え」でしょう。


そして…


体構えがしっかりしていれば…
自然と心構えもしっかりしてきます。


キーワードは・・・親指


私が、大尊敬していた…ヨガや記憶など
人生の達人・藤本憲幸(けんこう)先生が
おっしゃってたことです。


2016年5月5日…憲幸先生

心筋梗塞で急死されました。


で、憲幸先生によると…



人間の足と、他の動物の足を比較すると
人間の足の親指が、他の親指に比べて
大きい事が分かります。


これは、親指に重心がある為であり…


親指重心で立つ事こそが…
人間の正しい立ち方です。


ところが…


現在の若者の足の親指は…

ドンドン細くなってきていると言います。


小指側、かかと側に重心をかけて立つ為に

親指が退化してしまった証拠です。


小指重心で立つ事の弊害が…

★痔になりやすい。

★心配性で集中力がない。

★オドオドしてすぐに驚く。


など、いい事がまるでありません。


まとめます!


動じない正しい立ち方

つま先(親指重心)に重心を乗せ…

アキレス腱をきちんと伸ばす。

肛門を、ギュっと締める。

丹田を意識し、力を入れる。

背筋をきちんと伸びている。

「想像力」を最大限に使いこなそう。

つま先重心は、かかとに紙一枚分
浮かせている状態
がよいです。


かかとは、床についていたとしても
重心がきちんと前へ乗っていたら
その人からは、オーラを感じます。


床のエネルギーを

足裏から吸い取っている感覚…


背筋が伸び、背骨という土台の上に
真っ直ぐ頭がのっています。


それは、空からのエネルギーと

繋がっている感覚…


床からと空からのエネルギーが、
体と一本に繋がっていく感覚…


健康ヘッダー


宇宙と大地からの無限のエネルギーに
満たされる為、
その人は目立ちます。


「なぁ~にをオカルトみたいなことを
言ってんだ?コイツはぁ~」


などと思わないで欲しい。


脳をそういうレベルに持っていく

ことは重要です。


実際に、姿勢がイイ人を見ると…

自信に満ちているように見えるし
何かオーラのようなものを感じます。


人の第一印象は…
姿勢で決まりますので。


★また、いつもビビってる人みたいに…


余計な事ばかり考えたり…

周囲の目ばかり気になったり…

起こりもしない不安などに
脳が支配されないから…


イメージ力(想像力)って、人間だけが
持っている史上最強の武器だと思います。


時代がここまで進化したのは

想像力から始まっています。


誰もが持つ最強の武器を、うまく
使いこなせないのは
もったいないです。


(丹田)については…


丹田は、へそ下5センチほどにあり


力を入れるべきは…

へその奥であって腹筋ではありません。


”が、丹田で落ち着いてる感じ。


あがり症の人は、丹田の“気”が
完全に上に上がってしまっています。


だから、表情もうわの空で
口から『オエ~』と吐きそうになる。


なんとなくイメージできると思います。


fotolia_57731742


合気道の創始者である…
植芝盛平さんも言っています。


「体の中心は丹田!心も丹田に据えて
おけば何をやっても必ず勝つ!」


それだけ丹田を意識する事は重要です。


実際に、胸をドンと手で押された時…


丹田を意識してない時は…
実際、後ろによろけてしまうが…


丹田を意識していると…
ビクともしませんでした。


(背筋)については…


銀の糸が、背骨を通って頭のてっぺんから
出て、その銀糸に上へ引っ張られている所
をイメージしましょう。


すると、背筋が伸びてくるのがわかります。


ぜひ、自分が今までどういう立ち方を
していたのか確かめてください。


そして実際に試して、鏡で見てみましょう。


キーワードは…

親指重心、アキレス腱、丹田
肛門締め、姿勢…


この5つのを意識し、姿勢・立ち方を
変えるだけで、顔も引き締まっていく
ことも実感できるはずです。


肛門が常にゆるんで、屁も気も
ダダ漏れにならないように…


肛門は、早漏にも影響することも
知っておきましょう。