img_6753_


バレンタインや、クリスマスなど…
日本で盛り上がるイベントは、ある人によっては嬉しいし、楽しみですし、またチャンスですし…またある人にとっては、辛いし、寂しかったりしますね。

また、こういうイベントは、必ず商業主義による仕掛け人が裏に潜んでいます。


クリぼっちは恥ずかしいの…?

その前に、去年の話になりますが…

「クリスマスを1人で過ごす言い訳」をSNSで募集し、 最優秀賞が発表された!…なんてくだらない記事が目に入りました。


リア充カップル達の為に
 夜景を作っている…

うちの地元、まだキリスト教が

 伝来してないんだ…

七面鳥の通夜があるので…

私に彼氏がいないんじゃなくて

 彼氏に私がいないのだ…

ウチは旧暦を使っているので…

任せられるのはお前しかいない

 と言われたんだ…


中々センスのある“言い訳”ですね。
クリスチャンでもないのに…


クリスマスの本来の意味すら
誰もわかってないでしょう。


明らかに…バレンタインと同様
商売の“仕掛け人”がいます。


%e4%bb%95%e6%8e%9b%e3%81%91%e4%ba%ba%e3%83%bb%e6%93%8d%e3%82%8b%e3%83%bb%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%82%aa%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88


あなたはクリスマスに
クリぼっちでいいんですか!?」

「あなたはクリスマスに恋人の
いない寂しい夜でいいのですか?」


と不安を煽って煽りまくる…

——————————-
日本のクリスマスは虚像で…

日本人の知るクリスマスは…ほんの数十年前にアメリカの作家達により(大衆を騙すために)脚色されて日本に伝わったものであり…

アメリカの“商業主義”によって本来とはまるで別物になってしまったもの…



アメリカの“商業主義”…


その結果、クリスマスは…

●恋人とイチャイチャ…

●家族で仲睦まじく過ごす…


と完全に捻じ曲げられてしまったようです。


クリスマスに恋人がいない人は
負け組のような目で見られます。


クリスマスは、恋人たちのもの
と化してしまった雰囲気…


そもそも…
クリスマスは
義務でも何でもないです。


各々が、“大事な大事な1日”を
楽しく過ごせればそれで良い…


仕事で成功するかの勝負の時…

人生を決める大事な日の前とか…


ハッキリ言って、クリスマスどころじゃないですし…クリスマスに恋人がいないのは寂しい“負け組人間”と不安を煽り、お金をどんどん使わせようとします。


10月~12月くらいは
カップリングパーティー大盛況…


%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3
出典(http://bit.ly/2h6aHmc



まぁ告白しやすい、口説きやすいなどのメリットもありますけど…明らかに、周囲の目を気にして焦ってるようにしか見えません。


恋人が欲しいのは人間として当然の感情ですけど…たかがクリスマスという1日に恋人がいないことが…


みっともないからだとか…

恥ずかしいからだとか…

見栄張って外に出たくないとか…


自己嫌悪に陥るのは間違ってる!
なんて“言い訳”じゃ最優秀賞はさすがにとれませんね…(><)

最後に…

周囲の目や業者の商業主義に煽られずに
今の自分に最も必要と思うことへ
貴重な時間を使いましょう。


それでも、やっぱりクリスマスは…
好きな異性と一緒に過ごしたいですね。