ジョギング・ウォーク

後ろ歩きの効果を知ろう。

中国古来の健康術の中に
導引」という方法があります。


目をつぶり、後ろへ一直線に
ゆっくりと歩いていく。


日常は、前歩きが当たり前で…
マンネリ化しているとも言えます。


実際にやってみると感じますが…


人間は、後ろに目がないので

早く歩けば歩くほど恐怖を感じる。


生き残る為の本能が目覚め
脳が研ぎ澄まされていく。


そして、以下のような効果もあります。


自律神経のバランスを整える。



前歩きとは負荷がかかる筋肉が
違う為、いいトレーニングになる。


前後の筋肉にバランスよく
負荷をかけられる。


心・体の両方を効果的に
鍛えることができる。


男としてのたくましさを鍛える
絶好のトレーニングだと思います。


もちろん、女性も効果抜群です。

前向きで歩く欠点とは…

前向きで歩く欠点としては…

ヨガなどの達人である、藤本憲幸先生が
おっしゃってたので以下抜粋します

————————————-

大体、女性に多いが…

ハイヒールなど、かかとの高い
スリッパを履くことが多いから…

アキレス腱が縮みっぱなしになっている。

そうすると、”疲れ” がどっと出る。

ふくらはぎハイヒール結合


アキレス腱は、ふくらはぎと踵にかかっていて

それが縮んでしまうと…

①足の底の筋肉が縮む

②脚の裏が縮む

③骨盤が狂う

という悪循環が起きる。

(↑以上ここまで)
—————————————

更に大変なのが…
「頭蓋骨」までが緩むようになるという。


つまり…

アキレス腱の縮みが脳にまで影響して


その結果…
自律神経失調症になっていく!


足がだるくて、動くのも億劫で何もやる気が
起きなくなってしまった
経験がある人は
アキレス腱の縮みが原因かもしれません。

実際にやってみましょう。

後ろ歩きのコツとしては…


できるなら、素足で行う。

素足で、芝生や土の上を歩いたり、走ったり
するのは、
自律神経の活性化にすごく良い。


芝生裸足


大地からのパワーを足底で吸収することが
できるので、効果は大きい。


両親指に力を込め…
重心を土踏まずにかける


足底の中心に意識をおき、足の底から
酸素を吸い込むようにイメージ
する。


吸い込んだ酸素、エネルギーが、
足の底から全身に染みわたり…


全身の細胞が活性化している様を
イメージしながら行う
と効果が大きい。


注意点としては…
人がいる所は危ないし、避けましょう。


交通事故


近所で、笑い者にもされかねないから。


広い、人のいない場所を選んで
一度やってみることをおススメします。


全く違う感覚が脳を駆け巡ると思います。