悲しみ苦しみ

【今日のコトバ】

この意識が眠ってるような感覚…

体を薄い層で何層となく覆われ…

次第に、無気力…

何をやるにも大儀で面倒…

まるで…薄く死んでいくような…

この感覚…

こんな毎日よりは
まだましかもしれない…

そう…まだ苦しみの方が…


まだ苦しみの方が.jpg



福本伸行 人生を逆転する名言集 2 -
福本伸行 人生を逆転する名言集 2 –

後悔地獄に陥らない

本音は、麻雀以外に自分の進む道はない!
と確信していながら…


天才アカギの凄さを身近で目の当たりにし
無力感と絶望感にさいなまれ…


「俺では勝てない」と…
身を引いてしまった、ひろゆき。


ひろ生涯及ばない.jpg


あれから9年…

きゅ…きゅっ…9年!?


その後の平凡なサラリーマン生活は、
リスク、劣等感、もがき苦しむほどの苦痛とは一切無縁ですが…充実している!とは言えず…モヤモヤした感覚を抱え、くすぶっていました。


家で一人になると、いつも頭に浮かぶのは

「俺はこのままでいいのか?」

「間違っていたんじゃないか?」

という後悔の想いばかり…


心のバランスを必死に保つために…


「いや、あれでよかったんだ」

「アカギさんには、絶対勝てないし」


と自分の本音に蓋をし…
今の自分を強引に正当化しようとします。


もちろんサラリーマンだって勝負の時もあるし、麻雀以外に生き甲斐が見つけられていたらよかったんでしょうが…ひろゆきは…それすらも放棄してしまっています。


あの時の…逃げてしまった過去ばかりに脳を支配されてしまっており…最も重要な…“今この瞬間”という貴重な時間を生きていません。


全く見えていない…
この生き地獄…


もしあの時、続けてたらどうなっていたかなぁ~…

もしあの時、告白していたらどうなってたかなぁ~…


誰でも、そんな後悔を経験したと思いますが、行動していないんだから答えがでるはずもない誰でも心ではわかっています。


うまくいってなかっただろうな

いや、でも…
俺次第でうまくいってたかも…!


この2つの相反する感情に振り回され
一生答えのでない無限ループに陥ってしまいます。


こんな後悔を抱えたまま、ジジイになって
しまったら
と考えると、ゾッとします。


死ぬ


もし、あの天才アカギと…

同じ世界で…

同じ空気を吸って、時間を共にし…

必死にに食らいついていたら…


どうなっていたか?


ひろゆきの後悔は…麻雀の勝負に対する後悔というよりも…尊敬する天才アカギから逃げた後悔が全てだったのではないか?


それだけ、アカギという余りにも大きな存在に衝撃を受け、魅了されていたんだろうと思われます。


人間の成長は、どんな人と時間を共にするかで決まる!


そして、ひろゆきは…

天才・アカギとの奇跡の出会いを
自分から逃がしてしまった…


この9年という空白は大きい…


余りに大きすぎる…が…


この抑えきれない想いを今後どこまで爆発させられるかが、ひろゆきの本当の勝負だと思います。


漫画「天」の最終回で…アカギが、アルツハイマー認知症で命を絶とうとした時に、ひろゆきがかけつけて再会しています。


その時の、会話、ひろゆきへの言葉が
ファンの間で伝説となっています。


前に書いた…

熱い三流なら上等よ!
↓ ↓ ↓
熱い三流なら上等よ!(1)


我々も、後悔を残さないように挑戦していきましょう。


ひろゆきのような生き地獄を味わわないように…