%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%bc%e3%83%81%e7%99%bd%e9%bb%92%e9%9d%92


誰でも、人前で話す時に、あがってしまい
本来の力が発揮できなかったり…恥かいてしまった経験があると思います。


でも、どんなにあなたに力があっても…
いざ本番であがってしまって


人前でアピールできなければ
全く意味がありません。


 %e7%b7%8a%e5%bc%b5%e3%81%82%e3%81%8c%e3%82%8a%e7%97%87%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88


本番まで、何度も何度も練習しても…それでも、本番になると、全てが吹っ飛び頭真っ白状態になってしまうことも多いです。


単に、めったに人前で話す機会がない経験不足なだけなんですけど…これは克服しておかないと、いつまで経っても認められませんよね。


なぜなら、その人の評価は他人がくだし、仕事をくれるのも、価値を感じてお客としてお金を払ってくれるのも他人だからです。


だから、自分の価値を強くアピールして
価値を感じてもらわないといけません。


ところで…あがってる状態とは
どんな状態なんでしょうか?


★人前で“あがる”とは…
 心が上がっている状態。

★口の辺りまで上がってきて…
 吐きそうになっている状態。

★心が、浮ついてるから…
 下半身も不安定な状態。

★肛門も緩んでる為…
 気がドンドン抜けている状態。


これで力が発揮できる方がおかしいです。


心構えより、まず体構えの方が重要です。


背中を丸めて下向いてると気分が塞ぎ込むように…体構えが先にあって、後から心構えがついてくるものです。





「人は見た目が9割」と言う通り…いかに
姿勢など見た目が重要かよくわかります。

あがらないテクニックとは?

事前準備を万全にしておくこと!
があがらない為の一番の対策ですが…


これは、最低限でやって当たり前です。


性格的なこととか、経験不足等の理由で…
どうしてもあがってしまい、本来の潜在能力が発揮できないのが問題です。

 

文字通り…

心が “あがって”口から吐きそうな
状態で
全く余裕がありません。

 

吐きそう


★呼吸は浅く、しかも速くなります。

★口の中が乾ききってしまい…
 パサパサで更に話せなくなります。


そういう時は、あがった心を下げていく
イメージをしましょう。


呼吸を、“深くゆっくり”行い…


上がってしまった心を丹田まで
下げて(鎮めて)いく
といいです。



丹田は、へそ下5センチの辺りにあります。


丹田


一度、息を全て吐き切った後…
 鼻から深く酸素を吸い込む


腹をへこましながら…
 ゆっくり口から吐いていく

その間、上がっている心が…
 丹田に下がっていくイメージをする。

①~③を何度か繰り返す。


1回の深呼吸で一気に下がっていくより、数回繰り返しながら、少しずつ丹田へ下がっていくイメージがいいです。


その時、同時に…
労宮(ろうきゅう)というツボを交互に強く押しながら行うとよいです。

 

労宮.jpg


労宮の位置は、手の平の中央…
握った時に中指の先が当たる所にあります。


私は、急に訪れた、父の事故死による喪主としてのスピーチを、これで堂々と乗り切りました。


以前に書いた…
「男の大事な勝負で動じない為に
と一緒に
取り組む事をおススメします。


人に認められるアピール力がなければ、お金も異性も手に入らないので、人前で堂々と…本来の力をアピールできる男になりましょう。

まとめ

深くゆっくりな深呼吸で…鼻から吸い込む

労宮を強めに押しながら…
 ゆっくり口から吐いていく

★吐く時に、あがった心が丹田へ
 落ちていくのをイメージ
する