%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%91

以前、40代は、最強世代だと書きました。

40代は最強世代…①


本屋を見ても…

「20代で身につけておくべき~」


など、若い人向けにメッセージを
発している本ばかりが目立っています。


じゃあ…20代の時に、堕落して中年に
なってしまった人は、もう手遅れなのか?


そんな訳はありません!


そんな言葉を自分の価値観で勝手に
解釈して落ち込んではいけません。


「もう俺はオヤジだし…」

「加齢臭プンプン出し…」

「体にガタがきて走れねえし…」


落ち込んでいる間にも…
ドンドン時間が過ぎていく。


ネットのない時代だったら
確かに厳しいかもしれません。


ただ、中年になると…


家庭や住宅ローンなど…守るモノや
出費が増えたりで、思い切った行動が
取りにくくはなっているのは確か。


鍛えてないと、肉体も醜くなったり、
体力も落ちてしまっているでしょう。





自律神経のバランスも乱れたりもします。


自律神経とは…我々の生命活動を
24時間365日フル稼働で、意識とは
関係なく支えてくれる大切なシステムです。


自律神経は、交感神経副交感神経
2つに大別され…


交感神経が体を支配すると
体は、アクティブな状態になり

副交感神経が支配すると
体はリラックス状態になります。


仕事などで活動的な日中は、
交感神経が支配しており…


夜、リラックスする時には
副交感神経が支配するように…


相反する働きを持つ2つの自律神経が
交互に体を支配することで
身体機能が保たれています。


★眠っている間も、呼吸が続くのも…

★心臓が動き、血液を全身に
 行き渡らせているのも…


全て、自律神経のおかげです。


自律神経のスペシャリストである
小林弘幸先生の著書…

「なぜ『これ』は健康にいいのか?」
によると…


スポーツ選手が、30代での引退が多いのも
自律神経が関係しているらしい。


女性が、40代前半であるのに比べ…

男性は、30代前半で急激に、
副交感神経が落ちると言っています。


我々が実感する「急激な体力の低下」は…


体力の低下 = 副交感神経の低下


副交感神経が急降下したことによる
「自律神経のバランスの乱れ」が
原因である可能性が強いと言っています。


また血管の老化と免疫力の低下が進行し
病気になりやすい状態になってしまいます。


60歳超えた、郷ヒロミさんが、あれだけの
体力と若いルックスを保っているのも…


“副交感神経を上げる日々の努力の賜物”
だと言います。


小林弘幸先生の著書オススメです。
ぜひ読んでみて下さい。


なぜ、「これ」は健康にいいのか? [単行本(ソフトカバー)] / 小林弘幸 (著); サンマーク出版 (刊)



昔と違い、今はネットで世界中の人と
繋がれ
自由に情報発信ができる時代です。


ならば、色んな経験を積み重ねている
40代以上の人の方が有利だと思います。


後は、ビートたけしさんの名言のように
無茶ができるかどうかの一点のみ。


たけし(無茶できる).jpg


体力は、毎日鍛えたり、少食にしたり
やる気次第でどうにでもなります。


やる気によって、20代の人達より
はるかに上回ることもできます。


不便な時代を生き抜いてきたんだから。


武井壮さんなんて、40代以上の星だ。


身体能力ももちろんですが…
考え方もメンタルも夢も超一流だと思う。


武井さん自身が、スポーツトレーナーとして
多くのアスリートの指導を行ってきたから
自分の体の事は、よく分かっているのだろう。


筋肉ばかりつけても、それだけでは
ただの肉の塊に過ぎないですから。


それじゃあ、ただの筋肉バカ!





筋肉の力を結果に結び付けるには…

筋肉を動かす神経や筋肉に栄養を供給して
いる血管などを適切な状態にコントロール
する事が必要です。


そして、そうしたコントロールを可能に
するのが、自律神経なのです。


武井さんが、トレーニングを重ねながら
日常生活で24時間365日ずっと


自分の体を細かい所まで、思い通りに動かす
訓練の積み重ねが、あれだけの身体能力と
を生み出しているのが分かる気がする。


同時に自律神経を上げるトレーニングも
していたんだろう。


そして、アツイメッセージを送っている。
ブラック・マヨネーズとの番組対談があった。

——————————————-
武井壮:

同い年の小杉さんや、吉田さんにも、
ずっと思ってて欲しいんですよ。
「俺もまだまだいける」っていうのを。

小杉:

うん。


武井壮:

ジュニア世代に、「小さい頃からスポーツを
やってないとダメだ」って言う風潮がイヤで
しょうがないんですよ。

小杉:

ゴルフなんて、小さい頃からやってな
アカンとかな。

武井壮:

そうです。小さい頃からやってるなんて
事は偶然でしょ?何をやりたいか分から
ないし、どんな仕事が良いかなんて、
気づきもしない時に、たまたま出会ったもの
に一生かけるなんて、夢がないですよ。

そんなことより、僕らがこの年になって
お金や仕事や人の事などがわかって、
「俺、今からこれをやりたい」って思って
それを目指してその目標を達成できる方が
全然、夢あるじゃないですか。

吉田:

うん。


武井壮:

今の40歳なんか、青春まっただ中ですよ。

吉田:

え?バイクの免許とりに行こうかな(笑)

————————————–

すばらしいなと思います。


武井さんの場合は、全て行動で示して
結果をきちんと出しているからこそ
多くのファンに必要とされてるんだろう。


40代になって、社会や人間の色んな面が
わかり、色んな経験をしてきた今こそが
本当の勝負じゃないか!


今が一番油が乗った時期…


ただ、色んなことを知り過ぎた為に
思い切った行動ができなくなっている。


本当はやりたいことがあるのに…


先ほどの、たけしさんの言葉のように
無茶ができるスピリットが持てるかどうか
の一点のみ…


とりあえず、
自分の脳内にある事を、全て書き出して
みるのがオススメです。


日常に忙殺され、周囲の目を気にしたりで

埋もれてしまってるモノが発掘されたり
しますので…


脳内断捨離を行うことをおススメします。